スタッフブログ

2016年12月 5日 月曜日

最新型3D OCT導入!



当院ではこの度、OCTを新しく購入しました。
TOPCON社 「DRI OCT Triton」

この最新型OCTには、
OCT Angiography機能が搭載されています。

現在眼科では、眼底の血流の様子を確認する
ために造影剤を用いて、撮影を行っています。

ただ、この方法は副作用を発症しやすいため
慎重に検査可能か確認しないといけません。

最新型OCTでは、造影剤を用いることなく、
OCT撮影をするだけで、網膜・脈絡膜の
血管内の血流の様子を可視化することが
できる新しい技術が搭載されています。

患者さんの検査負担を少しでも軽減できる
ように、今後期待できるOCTです。

また、今までのOCTでは撮影が難しかった
眼底深部の観察が可能になりました。
・加齢黄斑変性症
・糖尿病網膜症
・強度近視による脈絡膜萎縮 など
画像を鮮明に捉えることができます。

緑内障診断の画像解析も精密になり、
より具体的な情報を得ることも可能に
なりました。

当院は、緑内障患者さんへの検査に
力を入れており、視野検査も2台の
機器を使用し、患者さんの状態を
細かく確認しています。
さらにこのOCTの画像診断も入り
具体的かつ適切な診断ができる
ことを期待しています。

初めて検査をされる方には、
スタッフが説明をしていきながら
撮影させていただきます。

これから、よろしくお願いします。




投稿者 山﨑眼科