• ごあいさつ
  • 医師・スタッフ紹介
  • 目の病気について
  • 当院へのアクセス
  • 白内障手術をご希望の方へ
ホーム > お子さんの目を守るために

小児眼科~お子さんの斜視・弱視について~

お子さんの将来の夢を閉ざしてしまわないように

お子さんの目を守るために
生後間もない赤ちゃんは、明るいか暗いかぐらいしか
分かりません。
1ヵ月で物のかたち、2ヵ月で色、4ヵ月頃になると
動く人や物を目で追いかけるようになります。
3歳の終わり頃、視力が1.0に達すると言われています。
5~6歳になると、大人とほぼ同じ視力へと成長します。
このように視力が成長する期間を「感受性期間」と
いいます。
視力の成長期間は短く、10歳位で終わると言われています。
この期間に、何らかの理由で成長が妨げられると、視力が未発達の状態である「弱視」となります。
強い遠視・近視・乱視・左右の屈折の違いなど、原因はさまざまです。
小さなお子さんは、見にくいことを表現することができないので、見過ごしてしまうケースがあります。視力の感受性期間を過ぎてからでは、メガネやコンタクトを装用しても、視力はあがりません。
車の運転・就きたい職業も制限がかかり、将来の夢を閉ざしてしまうかもしれません。
大切なことは、視力の感受性期間中に視力向上のための訓練・治療を行わないといけないのです。

お子さんの様子や3歳児検診で見つけることができます

日常生活でお子さんの何気ない行動やしぐさも確認してみましょう。

   次の項目に当てはまるものはありませんか?
    ○眼を細めて物を見ることが多い。
    ○片目を閉じて物を見ることがある。
    ○物を見るときに、頭を傾けたり顔を動かすことがある。
    ○物につまづいたりすることが多くなってきた。

当てはまる点があればご相談ください。その他気になることがあればお気軽にご相談ください。

3歳児検診も視力を知る、最も身近で大切な検診です。
視力はもちろん、その他眼のことで指摘されたことがあれば、必ず眼科に受診してください。

       弱視で大切なことは「早期発見・早期治療」です。
治療開始の時期が早いほど、視力の向上も良く、その他のスキルを伸ばす効果も高いです。

当院は視能訓練士がいるクリニックです。
視能訓練士とは眼に関して大学・専門学校で勉強し、眼科検査はもちろん、小児の斜視・弱視の検査・訓練を行う国家資格を持つ眼科専門技術者です。
あなたの大切なお子さまの検査・視力回復の訓練を全力でサポートさせて頂きます。

弱視の検査と治療の流れ

検査の流れ 検査の流れ
 1  視機能の検査
視力・眼位・立体視などの検査を、お子さんの年齢や状態に合わせて検査をします。
 2  正確な屈折度数の検査
弱視の原因が何かを調べる時には、詳しい検査をする必要があります。
眼科では調節を一時的に取り除く特殊な目薬を用います。
子供の眼は調節力(眼のピントを合わせる力)が大人の倍以上あるため、通常の視力検査では正確な度数を導くことができません。
そのため調節力を取り除き、本来の屈折度数を調べる必要があります。
当院では、「サイプレジン」という目薬を用います。
この目薬は調節力を約1日~2日取り除くため、お子さんの生活に合わせて予約制で検査をさせていただきます。
目薬が効いている間、全体的に(特に近くが)見にくくなります。また光にあたると眩しさを感じます。この検査を行うことで、お子さんの本来の屈折度数を導き出します。
 3  検査結果を受けて治療開始(メガネトレーニング・アイパッチ開始)
検査の結果を受けて、メガネトレーニングを開始します。治療の第一歩は正しい度数のメガネを終日装用することです。お子さんにとってメガネはわずらわしいもの。すぐにメガネをはずしてしまいがちです。メガネをかける大切さをお子さんにはもちろん、お父さんお母さんにも説明をして、一体になって進めていきます。

メガネを装用したから終わりではなく、視力が順調に向上しているか定期検査のため来院をしていただきます。

経過観察中、あまり効果が出ていないとき、左右の屈折の差が大きい時はメガネトレーニングに加えてアイパッチを活用します。
視力の良い眼の方にアイパッチをして、治療中の眼のみ活用する方法です。1日何時間行うかは経過を見て決めていきます。

治療期間中は焦らず気長に

弱視の治療はすぐには結果は出ません。治療開始から根気よく経過観察していくことが大切です。
視力の向上は個人差がありますが、多くの場合、治療開始後3ヵ月頃から効果が表れます。

視力が出たからと言って、すぐに治療を終了させることはありません。まだ不安定な状態であるため、視力が確実なものになるまでフォローアップしていきます。「サイプレジン」を使用し、メガネ度数の定期検査をして経過を見ていきます。

定期的な来院は大変かと思いますが、お子さんの眼を守るためにもご理解・ご協力をお願いします。
お子さんの頑張りにご両親はもちろん、私たちも励まされ、視力が向上する経過を見ていくことは何よりの喜びとなります。治療中不安なこと・困っていることがあれば、お気軽に視能訓練士までご相談ください。



斜視はお子さんの行動やしぐさの観察から

物を見るときは、両眼見ようとする物の方向に向いています。しかし、片方の眼だけが違う方向へ向くケースがあります。これを「斜視」といいます。斜視になると、位置がずれている方の眼を使わなくなってしまうため、弱視になってしまうこともあります。

   こんな症状はありませんか?
    ○写真撮影するとどちらかの眼が焦点が合っていない。
    ○テレビを見ているとき、片方の眼が違う方向へ向いている。
    ○集中していると両眼がすごく内側に寄っている。

斜視の原因の多くは、眼にある6つの筋肉のバランスの乱れによるものです。弱視と同じく、早期発見・早期治療がとても大切です。気になる方は早めの眼科への受診をお勧めします。
ご来院の際、眼の向きが気になる写真をお持ちであれば持参してください。